はなびらのあゆみ

 

大きな文字に思いを込めて


きれい、可憐、かわいらしい…。
「はなびら」という言葉から美しいイメージが浮かびます。やさしいはなびらが集まって、ひとひらひとひら愛情をこめた「拡大写本」に形を変えて、全国各地の弱視児童のもとへと散ってゆく…。グループ「はなびら」の名前にはそんな想いがこめられています。



「はなびら」ってどんなグループ?

 

創立は1972年。(昭和53年)
きっかけは朝日新聞家庭欄に載った、千葉県のボランティアグループ「フェルト会」の記事。拡大写本という存在を初めて知り、その会を通して知り合った者同士で意気投合し、「フェルト会」のご助力を得て、武蔵野市に「手作りの拡大写本 グループはなびら」(略称:はなびら)として発足しました。

 

設立当初は拡大写本の存在すら知られていないため、作品を作っては小学校や盲学校の先生方に拡大写本の魅力を伝え、少しずつ理解していただけるようになりました。活動がテレビや新聞にも取り上げられ、今では拡大教科書の依頼は全国に広がっています。

 

はなびらの拡大写本の制作は児童書の拡大から始まりましたが、1976年からは、学校の依頼を受けて、小学生の国語、算数、理科、社会、家庭科の手書きの拡大教科書を作りました。
現在はパソコンで作業をする会員もいますが、手書きの写本が主なため、教科書はページが少ない小学校の教科書のみ拡大しています。
製本も自分達でします。本を開きやすく、本が開いた時に左右のページが平になって、卓上レンズをのせても読みやすい製本をしています。

教科書は新学期に皆と一緒にスタートできるよう、3月末に子どもたちの手元に届けます。(上・下巻の場合は3月末、8月末)

 

児童書は子どもたちに読んでもらうために、夏休み直前に弱視学級宛に送ります。(著作権を考慮し、原本は会費で購入、写本した原稿は1冊分のみコピーし、製本します)

 

拡大写本のことを多くの方に知ってもらうために、毎年「拡大写本の展示会」を開催しています。
夏休みには子どもたちの元へ旅立つ「拡大写本」を手にとってご覧になってみませんか?

会員たちは子ども達の喜ぶ顔を思い浮かべながら、今日もせっせと写本に励んでいます。

はなびらの現在の活動拠点は、武蔵野市吉祥寺東町にある「旧東町図書室」です。

活動に興味がある方は、お気軽にご見学ください。

2013年7月18日

「旧東町図書室」が取り壊しのため、活動を一時中断します。

 

2013年9月〜

「武蔵野プレイス」3階ワークラウンジに、月1~2回集まり、今後の活動方針を検討。
弱視学級のある小学校へ、拡大した児童書を寄贈することを中心に活動を再開。
児童書の著作権について、勉強会などに参加。作者・ボランティア・読者のみんなにプラスになる方法を考えながら活動中。

 

2014年4月〜

・活動場所
校正や話し合いは「武蔵野プレイス」3階ワークラウンジを予約しておこなっています。(月2回程度。第二、第四木曜1時〜)

写本、製本等は各自自宅で作業。
・活動について
弱視学級のある小学校へ、拡大した児童書を寄贈することを中心に活動しています。
児童書の著作権については、各出版社を通して著作権者に許諾を得て制作しています。

ホームページについて

2012年5月にホームページを開設しました。
「拡大写本」について皆さんに知ってもらい、ボランティア活動の参加者をつのるために、「HPをやってみよう!」という声が会員からあがり、そして、なんとかホームページの形はできました。
試行錯誤しながら運営しています。